バックナンバー

歯科の基礎情報

新着情報

歯医者でのケア全般方法

歯科医院のアフターケア

歯科は治療後のケアが大切

歯科医院に苦手意識を持っている人は多いです。お口の中の病気は、歯周病も虫歯も進行性なので、放置していても自然に治ることはありません。我慢していると症状は悪化してしまい、治療にも痛みを伴うようになります。歯科の治療が終わると、多くの場合、定期検診を受けるように勧められます。大人であれば半年に1度、子供は虫歯になりやすいので3~4カ月が受診の目安になります。例えば、虫歯を削って銀歯にした場合、銀歯は虫歯になることはありませんが、銀歯と歯の境目かた虫歯は発生しやすくなります。そのため、アフターケアが重要になります。歯科のアフターケアの方法は、お口の中のクリーニングがメインになります。アフターケアでは、自分では磨くことが難しい、歯と歯の間まできれいにしていきます。専用の器具を使った方法なので、治療後はお口の中がすっきりします。また、アフターケアの方法のひとつとして、噛み合わせの調整があります。片方の歯でばかり噛む癖があると、噛み合わせが偏ってしまうことがあるからです。自宅での歯磨きの方法なども教えてもらうと、お口の中を常に清潔に保つことができ、虫歯や歯周病を防ぐ効果が高まります。アフターケアをしっかりと実践することは、お口の健康を守ることにつながります。

↑PAGE TOP